私が合格した実例を紹介!転職面接で受かるための自己PRとは?

生活

転職の面接を控えているあなた、自己PRを考えるのにつまづいてはいませんか?

新卒採用と違って転職って印象が悪いのでは?どうすれば受かるんだろう?

就活での面接なんて遠い昔。あの時は先生が添削してくれたり友達に相談できたけど、転職ではそんな恵まれた環境がないので大変ですよね。

働きながら準備しているとなおさら…でも大丈夫!

二度の転職活動で成功している筆者が、どんな風に自己PRを考えたか、実際に面接で話した自己PRをお教え致します!

辛い転職準備期間、ぜひ参考になさってくださいね。

自己PRとは企業に自分を売り込むことである

似たような質問で「自己紹介をしてください」というのも面接でよく聞かれる質問ですが、自己紹介は基本的に、どのくらいの期間どのような仕事をしたか、あなたはどんな役割を担っていたかなどを簡単に説明することです。

自己PRとは、自己紹介での内容を踏まえて、私を雇ったらこんな良いことがありますよ!お力になれますよ!と自分を売り込むことです。

自己PRを考える上で必要な内容は以下の3点です。

あなたの強み

最初に長所を何個かあげてみましょう。後に考える過去の実績と入社して活かせることに結びつきそうなものをひとつに絞って深堀りしていくとスムーズに文章が組み立てられますよ。

ただ、注意してほしいのは転職先の求めている人物像とズレないこと。せっかくのあなたの魅力も企業が求めている人材と違えば伝わらないので、よく考えてから選びましょう。

具体的な過去の実績、経験

新卒の面接と違うところといえばこの部分。転職となると何かしらの職務経験はされているはずなので、あなたの強みが発揮されたことを伝えてください。

ここで重要になってくるのは、具体的な数字やエピソードです。売上No1とか、賞をいただいた…などがあれば一番分かりやすくていいですが、誰しもがそんな優秀な実績があるわけでもないので、小さな事柄でも大丈夫です!

契約を〇件取った、〇人の後輩スタッフの育成をしたなどでも十分ですよ。

前職で得たことを入社してどう活かすか

最後は今までの経験をもとに入社してどう活かすか、貢献するかを伝えて締めます。転職先も同じような業種でしたら率先力になる、キャリアアップを目指して〇〇(役職名)になるなどが言えます。

逆に全く違う業種でもなにかしら活かせることはあります。例えば、販売から事務だったとしても、対人相手の仕事をしてきたので入社しても周りへの気配りを忘れず心がけていきますなど。

参考にできる転職面接の自己PR集

私が転職の際に実際に面接で使った自己PRをお教え致します。

(アパレル業界で販売職から販売職への転職を二度経験しています。どちらも採用が決まった内容となっております。)

自己PR 1

私の長所は周りから信頼されている点と熱意が強いところです。前職では副店長という役職でしたが年齢的には一番下だったので自分に自信を持つことができませんでした。

上の立場として引っ張っていかなければと思い、休日も他店に売れ筋をリサーチしに行ったり、自店に来られる客層が読んでいる雑誌からコーディネートなどを勉強しておりました。

熱意だけは誰にも負けないように努めた結果、下のスタッフも安心して私についてきてくれるようになりました。

接客においても目の前のお客様に一生懸命向き合えば心を開いてくれるので、御社でもスタッフやお客様との信頼関係を築いてより良いお店作りに貢献していきたいです。

伝えるべき内容は、

  • 強みは信頼されている点と熱意が強い点
  • 実績がまだなかったので具体的に何を取り組んだか
  • 貢献できることは信頼関係を築いて良いお店を作ること

新卒として入社して2年未満だったので実績がなかったですが、エピソードを加えながらどのように取り組んだかをアピールしました。

自己PR 2

私の強みは周りから信頼されているところです。

弊社では顧客名簿があって、DMを送るお客様には個人情報を書いていただいていたのですが、それに加えて私はいつ何を買ったかや、どんなお話をしたかなども書き足して、お客様とスタッフという立場ではなくて、ひとりの人としての関係を大切にしていたので、お客様との信頼関係を築くことができました。

その結果、1年間で20人程の固定客を作ることができました。場所柄、固定客というよりはご新規の方が多いとは思いますが、同じようにお店のファンを作っていきたいと思っております。

伝えるべき内容は、

  • 強みは信頼されている点
  • 実績は1年間に20人の固定客を作った
  • 貢献できることはお店のファンを作ること

こちらは具体的な数字を入れているので相手側もイメージしやすいですね。

同じ業界・同じ役職なので、環境が違う方もいらっしゃるかと思いますが、文章の構成は同じように作ってみてくださいね。

まとめ

転職面接で受かった自己PRをお伝え致しました。

もし素晴らしい実績がなくても、上手い文章が考えられなくても、その会社に入りたい熱意があれば絶対に伝わるので、面接ではそれだけは忘れないでくださいね!あなたの転職が成功することを祈っております!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました