意外と知らない!お年玉をあげる意味や由来ってなに?

季節の行事

新年を迎えるお正月には色々な習慣がありますが、その中でも、子どもの頃に一番楽しみにしていたものと言えば、「お年玉」ですよね。

そのお年玉も今では渡す側の年齢になって、ふと「どうして渡すのかしら?」と思ったこと、ありませんか?

実は、このお年玉、昔はお金ではなくあるものを渡していました。気になるお年玉の意味や由来をまとめてみたので、ご紹介していきますね。

お年玉の意味や由来とは?

現在のお年玉は、大人から子供へ“お金”を渡していますが、昔に渡されていたもの、それは“おもち”でした。

具体的に言うと、お供えしていたおもちを家長が家族へ配る、という行事だったのです。

なぜ、おもちだったの?

昔は、年の初めに年神様から新しい年の魂を分けていただく、つまり、毎年1年分の力を授かる、と考えられていました。

その年神様をもてなすためにお供えするのが、おもち。このおもちに年神様の魂が宿るのです。

そして、そのおもちを家長が家族へと配り、それぞれが食べることで、年神様の恩恵を受けていました。

ちなみに、“お雑煮”はこのおもちを食べるための習慣です。これを知ると、お雑煮を食べるときの心構えも変わっていきますね。

お年玉の語源3つの説

・年の初めの賜物(たまもの)→年賜(としだま)
・年神様の魂が宿ったおもち→御歳魂(おとしだま)
・年神様に供える玉のように丸いおもち→お歳玉

このように諸説あるようですが、いずれも年神様と関わりがあります。

いつからお金になったの?

お年玉にお金を贈るようになるまでには、いくつかの変化があります。年代順にまとめてみました。

室町時代

この頃から、おもちの代わりに品物を渡すようになっていきます。武士は刀、町人は扇、医者は丸薬を送っていたそうです。

江戸時代

お年玉の風習も庶民の間にまで広く浸透していきます。そして、お金や品物を渡すことが多くなり、お正月の贈り物をお年玉と呼ぶようになりました。

高度経済成長期(昭和30年代後半)

都市部を中心にお金を贈ることが主流となっていきます。贈る相手も子どもがメインとなりました。

お年玉の入れ方や渡すタイミングに気を付けよう

お年玉には正しい入れ方やいくつかのマナーがあります。

入れ方、3つのポイント

・新札を用意する
・正しい入れ方でお年玉袋に入れる
・お年玉袋に名前を書く

正しい入れ方

お札は三つ折りにする
表を上にして、左→右と重ねて折ります。
(表:福沢諭吉などの顔がある面)

複数のお札は重ねて折る

一枚一枚を別々に折って入れるのでなく、重ねてから折ります。

お札・硬貨とお年玉袋の裏表を合わせる

お年玉袋を表面にして、お札・硬貨も表面にし、袋の中に入れます。

お札の表

左、右と折った時に出てくる10000YENなどと書かれている面。福沢諭吉などの顔の裏側にあたります。

硬貨の表

お花などの絵柄のある面が表、500、10など数字の書いてある方が裏です。

お年玉袋に名前を書く

表面に○○くん(ちゃん)へ、裏面に○○より(自分の名前)

正しくは、このように名前を書くのですが、最近では、凝ったデザインのものが多く書くスペースがないこともしばしば。そのような時は、書かなくても失礼はありません。

名前のないお年玉をもらった経験

書かなくても大丈夫ではあるのですが、できれば渡した方の名前はあってほしいもの。

以下は私の体験談で、礼儀作法とは関係ないのですが、参考までに書いておきますね。

夫の実家へ帰ったときに、ご近所の方々があいさつに来て、知らないうちに子どもがお年玉をもらっていた、ということがありました。

もらったお年玉の中には名前のないものが。誰からもらったのかも分からず、お礼を言うことさえできない、と困った思い出があります。

なので、名前の記入はぜひお願いしたいです。もしかすると、このようなことから名前を書くというルールがあるのかもしれませんね。

お年玉を渡すタイミング

タイミングは「お家の方がいる前で」がベスト。子どもがお年玉をもらったことが分かるように、目の前で渡しましょう。やはり、「誰からもらったのかが分からない」状態は避けたいですからね。

もらった時の失敗談

これは、私が子どもの頃の話です。祖母の家に遊びに行ったときに、ご近所さんがお正月のあいさつに見え、お年玉をくれました。

そして、私は気になる中身をその方の目の前でのぞいてしまったのです。

この後、おばあちゃんには「失礼なことをするんじゃない」と厳しくしかられました。この話は失礼な間違いをしないようにと、私の子ども達にも伝えています。

上司の子どもにお年玉はNG

お年玉を渡す相手の基本は、「目上の人から目下の人へ」つまり、親から子へ、師匠から弟子へなどです。

例え、子どもであっても上司の家族は目上の人にあたります。

そのため、目下の者からお年玉を渡すということになり、失礼な行為となってしまうのです。

上司の子どもには何を渡せば良いの?

「自分の子どもはお年玉をもらっているのに、何もあげないのも気まずい」「お世話になっているから、感謝の気持ちを込めてどうしても渡したい」

そんな時は、「図書カード」がおすすめです。

お年玉という名目ではなく、「文具料」などの名目で渡せば良いとの話もありますが、お金を渡すことには抵抗を感じますよね。

その点、図書カードであれば受け取る側の心証を悪くすることもないでしょう。

実際、お年玉に限らず、卒業祝いや入学祝に図書カードをもらった時は、重い感じもなく、すんなりと相手のお祝いの気持ちを受けとめることができますよね。

まとめ

お年玉の歴史とそこに込められた意味、大切な意味があるからこそ、お年玉へのマナーやルールが生まれたのでしょう。

形を変えたお年玉ですが、年神様が、小さな子どもや少年少女、未来のある若者たちの手にわたり、明るい笑顔が、世の中にたくさんあふれてくれたらいいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました