七草粥は妊婦が食べても大丈夫?いったい何が入ってるの?

季節の行事

年が明けていよいよお正月も終盤になってきましたね~。お正月終盤といえば1月7日に七草粥を食べる慣習を思い浮かべますよね。

「七草粥の七草って、一体なに?」

「せっかくだから七草粥を食べたいけど、妊婦でも食べて大丈夫かな?」

そうですよね~。食べ物に特に気を付けないといけない妊婦さんにとっては、七草がどんなものなのか知らないと不安ですもんね。

私も娘を妊娠するまでは、恥ずかしながら七草粥に実際何が入っているのか、妊婦にとって食べてもいいものなのか分かりませんでした!

そこでこの記事では、あなたに役立てていただけるよう、七草粥の七草と代用食材についてまとめました。ぜひ参考になさってくださいね。

七草粥は何が入ってる?妊婦さんでも大丈夫?

七草粥に入れる七草は、地域によって違いがありますが一般的には「春の七草」と呼ばれる野菜や野草のことを指します。

そしてこれらは日本のハーブとも言われている素晴らしい食材なんですよ~。

とはいえ妊婦さんにとってはハーブというと気を付けないといけないものもあったり、薬に使われるイメージもあったりして食べていいのか心配になりますよね。

ここでは七草の栄養素と効能についてご紹介しますね。

セリ

ビタミンA、B群、Cなどのビタミン類や鉄分、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれていますが、中でも注目したいのは葉酸の多さです。

妊婦さんにとって葉酸は赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを下げるための、切っても切れない大切な栄養素ですよね。

また妊婦さんは赤ちゃんを守るために相当な血液を使いますので、貧血になりやすいです。セリには、鉄も豊富に含まれていますので葉酸との相乗効果で貧血予防が期待できます。

ナズナ

こちらもビタミン類、葉酸、鉄分やカルシウム等のミネラル、食物繊維を多く含みます。

特に食物繊維が豊富ですので、胃腸の働きを良くしてくれる効果があります。まさに七草粥本来の役割を果たしてくれる栄養素ですね。

ゴギョウ

こちらはタンパク質やミネラルが豊富です。咳や痰を出しやすくしてくれる作用があり、風邪予防や風邪の初期症状に効果があります。

ハコベラ

こちらもタンパク質やミネラルが豊富です。特にカリウムが多く含まれているので利尿作用がありむくみの解消を助けます。

妊婦さんは血液量の増加やホルモンバランスの変化でむくみやすいので、積極的に摂取したい栄養素ですね。

ホトケノザ

こちらは胃腸を整え、高血圧予防に効果があるとされていますが、実はその栄養や効能はあまり知られていないのです。

少量であれば問題はないですが、よく分かっていない食材を食べるのは不安だということであれば控えましょう。

スズナ

こちらはかぶの葉です。実はかぶに関しては実の部分よりもこの葉の部分の方に栄養が多く含まれています。

β-カロテンを多く含んでおり体内でビタミンAに変換されて免疫力を高めてくれます。他にもビタミンC、E、妊婦にかかせない葉酸や食物繊維も多く含みます。

スズシロ

こちらは大根の葉です。普段は葉よりも根の方を食べる機会が多いですが、葉に含まれる栄養もかなり豊富なんですよ。

特にビタミンA、C、カリウムが多く含まれていますので、免疫力アップやむくみ・便秘の解消につながります。

 

こうして見ると七草粥には妊婦さんにとって嬉しい栄養素がたくさん含まれていることが分かりますね。

しかし妊婦さんなら「ビタミンA」という栄養素に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

妊婦さんがビタミンAを過剰摂取することは胎児の奇形につながるとして、推奨されていませんよね。ただし、野菜に含まれるビタミンAはほとんどがβ-カロテンと呼ばれるもので必要な分だけビタミンAに変換されます。

ビタミンAの過剰摂取につながることはありませんので安心してくださいね。

しかし妊娠中は免疫力が下がっているので、アレルギー症状には気を付けないといけません。

七草粥を一度も食べたことがない、または以前食べたときにアレルギーのような症状が出たという場合はやめておきましょう。

心配な方でも大丈夫!代用できる食材のご紹介

「七草粥の栄養や効能は分かったけど、アレルギーのこともあるし妊娠中に食べるのはやっぱり不安…」

「そもそも七草の独特な味が苦手なんだよな…」

そう思って七草粥を諦めているあなた。七草を他の野菜で代用して七草粥を美味しく食べましょう!

そもそも七草粥は無病息災を祈るとともに、お正月にごちそうを食べて疲れた胃腸を休ませるためのものです。

つまり、七草の栄養を含む旬の葉物野菜で作ったお粥であれば十分七草粥と同じ役割を果たせるということですね。

具体的には小松菜、ほうれん草、三つ葉、水菜、白菜、キャベツなどは馴染みがあり食べやすいのでおすすめです。

葉物野菜ではありませんが、七草の栄養素を含むという点でまいたけやしいたけ、エノキ茸のようなキノコ類を使うとだしが出てさらに美味しくいただけますよ。

まとめ

七草粥は妊婦さんにとって摂取したい栄養素や嬉しい効能があるので、アレルギー等の心配がなければ特に控える必要はなさそうですね。

代用野菜を上手く使って七草粥を美味しくいただき、お正月で疲れた胃腸を労わりましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました