ウィンドウズの更新の止め方!アップデートの頻度を調整する方法

生活

パソコンを立ち上げるたびに更新画面が出てなかなか使えるようにならない。

もしくは、シャットダウンしようとしたら「更新プログラムをインストール中です。」という画面が出てスッと消えない!そんなお悩みはありませんか?

何を更新してるのかも分らないけど、無視するのも不安だし…でも毎回は本当うんざりしますよね。実はそれ、毎日更新が設定されているかもしれません。

ウィンドウズアップデートはセキュリティやエラーなど大切な面を補強してくれますが、毎日でなくても大丈夫。頻度を下げたり、自分のタイミングで更新する方法をご紹介します。

急いでいる時ほどスムーズに立ち上がってほしいし、シャットダウン途中で時間がかかってしまうと不安にもなります。ライフスタイルに合わせて更新をかけていきましょう。

自動更新設定を見直してアップデートのタイミングを変える方法

ウィンドウズアップデートは自動更新の設定があります。今お使いのパソコンがどのような設定になっているのか、まずは確認してみましょう。

Windows7の場合

コントロールパネルから「システムとセキュリティ」の文字をクリックします。

システムとセキュリティ

WindowsUpdateという文字がありますので、その項目を見てください。下に「自動更新の有効化または無効化」という文字がありますので、クリックして開きます。

自動更新の有効化または無効化

すると、更新プログラムをインストールする方法の選択ができます。まず、自動で更新するのかどうか。

「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」とありますが、コレを選択しておくと、更新プログラムがあった時点で自動的にダウンロードからインストールまでを行ってくれます。

その下には頻度と時刻の設定欄がありますね。

頻度と時刻の設定欄

頻度は「毎日」か「毎週何曜日」かを選択できます。そして時刻は昼休みなど、作業の邪魔にならない時刻を設定するといいと思います。

Windows10の場合

Windows10の場合には更新は自動で行われますが、更新後の「再起動のタイミング」を設定することができます。スタートボタンのなかから「設定」を選びます。

「更新とセキュリティ」という表示がありますので、その中から「WindowsUpdate」の文字をクリックします。

すると再起動が必要かどうか表示されますので、「いますぐ再起動する」か「再起動のスケジュール」から設定を行います。

自動で再起動をする場合に、保存していないファイルがあるとデータが消えてしまう危険性がありますので気をつけてください。

自動で更新せず自分のタイミングで行いたい!手動アップデートの方法

更新プログラムは自動ではなくて、自分のタイミング設定したい。という場合にはどこから探したらいいのでしょうか。

先ほどのコントロールパネルのWindowsUpdate欄を見てください。真ん中に「更新プログラムの確認」という項目があります。

ここを押すか「WindowsUpdate」の文字を直接クリックしてください。更新プログラムがある場合には案内が出てきます。

「更新プログラムをインストール」のボタンを押すと作業が開始されます。

更新プログラムをインストール

この操作で、自動アップデートの案内をキャンセルしてしまった場合や、途中でエラーが出て止まってしまった場合などにもインストールし直すことができます。

画面左端には「更新プログラムのよく寄せられる質問」という項目もあり、エラーが出た場合や削除の方法など詳しく見ることができます。

ここに載っていると覚えておくと、困ったときに頼りになりますよ。

更新が始まってシャットダウンができない!待つべきかどうかの判断基準

シャットダウンする際にプログラムの更新が始まってしまって「電源を切らないで下さい」の表示になった場合。

待つのが基本ですが、あまりに時間がかかる時には更新が上手くいかずフリーズしている可能性があります。

ではどこで見分ければいいのでしょうか?

パソコンが正常に動作している場合、「アクセスランプ」が点灯もしくは点滅しています。

「アクセスランプ」とは、ノートパソコンの場合でもデスクトップでも「電源の近くになる円柱のマークがついたランプ」です。これはハードディスクにアクセスしていますよという印です。

このランプが付いていればパソコンは動作していますが、もし消えている場合にはフリーズしていますので電源を長押しして強制終了してください。

そして次に立ち上げた時に、先ほどの手順でコントロールパネルから更新をやり直してみてください。上手くいけばOKです。

Windows10の場合、プログラム更新が入ると電源メニューの中に「更新してシャットダウン」か「更新して再起動」が増えてきます。

どちらの場合も更新プログラムをインストールしてくれますが、再起動のほうはもう一度立ち上がるため注意が必要です。

更新自体今はしないよ、という時には「シャットダウン」を選択してください。

まとめ

ウィンドウズの更新自体はとても大切なことなのですが、頻繁に出てきたり失敗することがあったりで印象が良くない場合も多くありますよね。

また出た…と思う日もありますが、どうかしっかり更新してあげてください。セキュリティが向上したり、不具合が修正されたりしますよ。

更新してシャットダウンも場合によってはとても時間がかかりますので、少し余裕を持って待ってみてください。ギリギリ眠い時だと強制終了したくなってしまいます。

それでも「おそーい!」という時にはアクセスランプを確認です!点滅していたら…お茶でも飲んで待ちましょう。

「パソコンはね、調子悪かったらとりあえず待つのが大事。一度離れて見に来るくらいでいいよ。」という恩師の言葉を胸に、私も気長に挑みたいと思っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました