もうケンカしない!共働き夫婦の家事分担リストの作り方。

生活

昔は、「男は外でお金を稼ぎ、女は家で家事をする。」と決まりのように言われていました。

しかし、現代の日本では、女性も男性に負けないくらい仕事をするように変化してきましたよね。

時代は大きく変わり、夫婦揃って仕事に出ることも決して珍しいことではなくなりました。そもそも、自分も稼ぎに出ないと、とてもとても生活できない。というご家庭もあることでしょう。

そんな中、ひとつの問題として多く浮上してくるものが「家事戦争」です(笑)

お互い仕事をしている対等な関係ですから、仮にあなたばかりが家事をしている状況ならば、「なんで私ばっかり…。」とイライラもしてしまいますよね。

そこで今回は、夫婦で上手に家事を分担する方法をお伝え致します。ぜひこの記事を参考になさって下さいね。

家事の時間を平等にするリストの作り方

家事の負担割合で旦那さんと喧嘩をしてしまうのなら、最初から「どっちが何をするのか」を決めてしまえば良いのです。

そうすることで、自分の役割を明確に認識することができますから、非常に効果的なわけです。

事前準備をする

まずは旦那さんに分担してもらいたい家事は何かを考えましょう。

「家事の内容」「頻度」「かかる時間」などを具体的に書き、1日でしなければいけない家事を洗い出します。

その後、旦那さんはその家事についてどう考えているかを探っていきます。

同時に、あなたが譲歩できるポイントはどこにあるのか(優先順位を決めるなど)についても考えておきましょう。

旦那さんに交渉する

上記のように、家事についてある程度考えがまとまった時点で、旦那さんにあなたの考えを伝えてみましょう。

その時の注意点としては、出来るだけポジティブな発言を心掛け、感情的にならないことです。

旦那さんの考えもしっかり聞くようにし、メモなどを取りながら話をするよう心掛けて下さい。

また、話がなかなかまとまらない時に、「それならもう週1でいいよ…。」などといった、「自分だけが我慢する」ニュアンスは控えて下さい。

「お風呂掃除は週1でいいから、代わりにゴミ出しをしてほしい。」というように、のちのち不満が出ないような割振が必要です。

おすすめ家事リスト例3選

ここまでのポイントを抑えれば、大体のリスト作りはできるかと思いますが、私がおすすめするリストも3つほどご紹介させて頂きますね。

平日用と休日用で分ける家事リスト

土日は固定でお休みなど、夫婦揃って毎週同じ曜日に休みが重なるなら、分担表は「平日用」と「休日用」の2種類を用意してみてはいかがでしょうか。

休日は食事の準備を旦那さんにお願いしたい日もありますよね。

また、手の届きにくい場所の掃除など、平日は無理でも、時間に余裕がある休日ならできる家事も多くあります。

平日と休日で担当する家事を入れ替えるのも、よい気分転換になるかもしれませんよ!休日だけは簡単な家事を子どもに任せたりして、家族みんなで協力しても楽しそうですね。

柔軟に担当を変えられるリスト

共働きで働いていると、起きる時間や帰宅時間が日によって異なる場合がほとんどだと思います。

毎日お風呂を洗う、必ず朝ごはんを用意するなど、家事分担をきっちり固定するのが難しいのであれば、状況によって担当を変える分担表が利用しやすいかと思います。

例えば、「家を出るのが遅い人がゴミ出しをする。」「早く帰宅した人が炊飯器をセットする。」「子どもと一緒にお風呂に入らない方が、子どもの歯を磨く。」

など、仕事が忙しい時でも家事が負担にならないよう、夫婦で話し合いながら決めるのも良いですね。

報告し合うリスト

共働き夫婦の中には、家事を分担して「ルール化」するのに抵抗がある方もいるかもしれません。そこまでガチガチにはしたくはないけど、スムーズに分担をしていきたい。

そんな時は、「マグネット」と「ホワイトボード」を使った分担表はいかがでしょうか。

ホワイトボードに、家事の内容を表や箇条書きで書き出し、夫婦で色の違うマグネットを複数用意します。何らかの家事をやったら、自分のマグネットを隣に貼っていくという方法です。

例えば、あなたがお風呂を洗ったのなら、お風呂掃除欄の隣にあなたのマグネットを、旦那さんがゴミ出しをしたのなら、ゴミ出し欄の隣に旦那さんのマグネットを貼っていきます。

これなら誰が何をやったのか、一目で確認することができ、やっていない家事も明確にすることができます。

まとめ

今回は夫婦の家事分担についてお話ししてきましたが、いかがでしたか??

あなたと旦那さんのしている仕事や、家庭の状況によってリストは柔軟に変化させていくべきですが、夫婦はそれぞれ対等であることが長続く円満に過ごせる秘訣であると思います。

ノンストレスということは難しいかもしれませんが、少しでもあなたの負担を減らし、夫婦で協力し合える温かい家庭を築いていけると良いですね。早いうちに改善すれば、それが定着していくのも早くなります。

少し話はずれるのですが・・・

実は、今この記事を書いている日が良い夫婦の日(11月22日)だったので、なんだか縁起のいい記事だなと勝手に思いつつ、ひとりでほっこりしております(笑)

なにはともあれ、あなたの負担が減り、少しでも楽に生活を送れることを願っております。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました