ひな祭りのお祝いメッセージ例文集!おすすめのプレゼントは?

季節の行事

新年が明けてお正月を迎えたと思ったらあっという間に1月も終わり、もう2月も半ば…。

春の訪れももうすぐそこのように感じますね。 春の訪れが近づいてきて、最初のお祝い事と言えばひな祭りのお祝いですよね。

女の子が生まれてから初めて迎えるひな祭りは初節句と言って、新しいお雛様を贈り、家族全員で健やかな成長を願ってお祝いする伝統行事なので、お子さんにとっても初めての大きなイベントになりますね。

また、おじいちゃん、おばあちゃんにとっては孫への初めてのプレゼントの機会にもなりますよね。

うちの娘の時も、両親からお雛様を贈ってもらったのですが、その時に一緒にお祝いのメッセージも添えていてくれて、とても嬉しかったのをよく覚えています。

他にも親戚や仲の良いお友達からもお祝いのメッセージをいただいたのですが、ひな祭りって家族だけでお祝いすることが多いので直接お祝いの席にいなくてもメッセージでお祝いしてもらえるのはとても嬉しいんですよ!

親戚や友達のお子さんが初節句を迎える時はぜひお祝いのメッセージを送りたいですよね~。
でも、

  •  誰宛てに
  •  どんな内容で

送ったらいいのか悩んでいるあなた!

この記事では、そんな悩んでいるあなたに役立つひな祭りのお祝いメッセージの例文をご紹介していきます。ぜひご参考になさってくださいね!

ひな祭りのお祝いメッセージ☆困ったときに役立つ例文集

ひな祭りのお祝いにふさわしい言葉は?

お祝いなのですから、

  • 健康
  • 健やか
  • 元気
  • 愛らしい

などの縁起の良い言葉がいいのはもちろんなんですが、ひな祭りは桃の節句ともいわれる春の時期のお祝いですから、

  • 桃色

などもいれたいですよね。また、

  • 成長
  • 希望

などのお子さんの未来が明るいものであることを示すような言葉もいいですね。

気を付けた方がいいのは、仲の良い友達だと特に軽い冗談のつもりでやってしまいそうになることもあるかもしれませんが、ネガティブな言葉はNGですよ!

例文

×…病気や事故もなく、元気に成長することを願っています。

○…健康にすくすくと成長することを願っています。

ひな祭り、特に初節句はそのお子さんにとって大きな節目となる行事なので、メールなどで軽くお祝いメッセージを送る場合でも、ネガティブな言葉は避けたいですね。

ネガティブな言葉といっても、上記の言葉のように普段の生活で使うことも多い言葉なので気付かないまま送ってしまわないように、書き終わったらチェックをするといいですね。

ひな祭りのお祝いメッセージ例文

色々なシチュエーションがあると思いますが、誰に送るのかで内容も変わってくるので、「子供(本人)宛て」と「子供(本人)の親宛て」で分けてみましたので、その時の状況に応じて使い分けながら、ご参考になさってくださいね。

子供宛て

実際に読むのはご両親になるので、お父さん、お母さんへの心遣いを入れてあげるといいですね。

○○ちゃん、初節句おめでとうございます。
7月に生まれてもうすぐ8ヶ月になるんだね。ここまで元気いっぱいに成長していて偉いね。
ママ(パパ)のような明るくて活発な素敵な女性になってね!
いつか一緒におしゃべり出来る日が来るのを夢見ています。

△△ちゃん、初節句おめでとう。
おじいちゃん、おばあちゃんに可愛いお雛様を贈ってもらって嬉しいね。
小さな体には、夢や希望がいっぱい詰まっているんだろうね。将来が楽しみだよ!
今度、お家に遊びに行くね。

子供の親宛て

子供を育てているご両親へのねぎらいの言葉や、成長などを一緒に喜ぶ言葉を入れてあげると喜ばれます。

○○さん、お嬢さんの初節句おめでとうございます。
8月に生まれて、ご両親のたくさんの愛情に包まれてここまで元気にすくすく成長されましたね。
△△ちゃん、笑顔が本当に可愛くて、私も成長を楽しみにしています。
愛らしい名前の通り、素敵な女性になりますように。

△△さん、○○ちゃんの初節句おめでとう!
お天気が良く、春らしく温かい日になってよかったね。
生まれてすぐに抱っこさせてもらった時は本当に小さかったけれど、お顔がはっきりして、女の子らしく可愛らしく成長してきて私も嬉しくなったよ。
今度また抱っこさせてね!

ひな祭りのお祝いのプレゼントを贈るならコレがオススメ!

ひな祭りのお祝いで親族や親しい人達で集まって食事会をすることもありますよね。

お祝いの席に招待された時は、やはりプレゼントを持ってお伺いすると思います。その場合のプレゼントも悩みますよね~。

ひな祭りのプレゼントで気を付けたいポイントは?

ケーキやちらし寿司など、ひな祭りならではの食べ物は思いつきやすく選びがちですよね。

でも、お祝いの席と言えば食事会が多いので、ご家族が張り切ってごちそうを用意してくれている場合が多いです。

せっかくプレゼントを持って行っても、重なってしまうとお互いに気まずくなってしまいますよね。

贈りたいのなら、事前にご家族に「プレゼントで持って行きたいんだけど…」と相談しておくといいですね。

女の子のプレゼントはオシャレで可愛いものがたくさんあって、用意する側も楽しいですよね。

でも、本人は喜んでくれたとしても、ご家族の教育方針に合わないものは避けた方がいいですね。

例えば、子供用の化粧品や流行りのゲームソフトなどは、選ぶ前にご家族が与えないようにしていないかを検討してからにしましょうね!

オススメのプレゼントは女の子ならではのグッズで!

ご家族やお子さんにとって、ひな祭りの可愛い写真を残すのはとっても素敵な思い出になりますよね。

写真映えのするバルーンアートや大きなぬいぐるみは見た目もインパクトがあっていいですよ。

女の子はおままごとなどのごっこ遊びが好きな子が多いので、おままごとセットやキッチントイも喜ばれますよね。

もう少し大きくなってオシャレに興味津々のお年頃のお子さんには、ちょっと背伸びしたファッションアイテムも喜んでもらえますね。

好みを外したりご両親の教育方針に反しないように、それとなく聞いたり相談してからにしましょうね。

まとめ

ひな祭りのお祝いメッセージは、縁起の良い言葉を使って、ご両親へのねぎらいや心遣いに一緒にお祝いする気持ちを表現して書くといいですね。

今はメールやSNSのメッセージもありますので、プレゼントを贈ったりしなくても、お祝いメッセージを送るだけでも気持ちは伝わるのでぜひ送ってみてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました