母の日に贈るなら知っておきたい!カーネーションは色ごとに花言葉が違う!

季節の行事

母の日が近付いてくると、日頃の感謝の気持ちをどうやって表すか迷いますよね。

迷った挙句、母の日定番のカーネーションにたどり着けば間違いないと思っていたけど、カーネーションの色ごとで花言葉が変わると知り、また迷ってしまった…。

そうですよね。私も「カーネーションを選べば間違いない」と思っていましたし、色によって花言葉が違うなんて知らず、色ごとの花言葉も知らずに買ってしまいそうになってしまいました。

この記事では、そんなカーネーションの色ごとに違う花言葉の意味を知りたいあなたに、何色のカーネーションを買えばいいのかご紹介します。

ぜひ参考になさって素敵なプレゼントを贈って下さいね。

母の日に送りたい!カーネーションの花言葉を色ごとに紹介!

まずはカーネーションそのものの花言葉が「無垢で深い愛」や「感動」、「純粋な愛」や「女性の愛」となります。

次に気になるカーネーションの花言葉を色ごとにご紹介しますね。

赤色

花言葉は「母への愛」や「愛を信じる」

赤色のカーネーションの花言葉は、意味を知ると母の日ギフトに最適なのがお分かり頂けますよね。

母の日前からお花屋さんで店頭に出ているカーネーションは、この赤色のことが多いのですが、花言葉の意味を知ると「なぜ赤色のカーネーションが母の日ギフトに最適なのか」ということに納得出来ますね。

ピンク色

花言葉は「女性の愛」や「感謝」

ピンク色のカーネーションもよく母の日前から、お花屋さんの店頭に並べられていますよね。

可愛らしくて優しい色合いでもありますし、花言葉を知ると日頃の「ありがとう」の気持ちをカーネーションと共に贈ることが出来ますよ。

紫色

花言葉は「誇り」や「気品」

私はあまり紫色のカーネーションを花屋さんで見たことがなかったのですが、花言葉の意味を知っても母の日ギフトで贈ることに問題はないです。

紫色のカーネーションを贈りたいと思うお母さんが、可愛らしい感じではなくクールでかっこいい感じの方だと「ちゃんと好みが分かってくれているなぁ」と思ってもらえるかもしれませんね。

青色

花言葉は「永遠の幸福」

こちらも私はあまり花屋さんの店頭で見たことのない色になりますが、花言葉は良いので母の日ギフトで贈っても良いですね。

素敵な花言葉があるので、母の日に青色のカーネーションを贈るときに花言葉を教えてあげると喜んでくれること間違いなし。

白色

花言葉は「純粋な愛」や「私の愛は生きています」

花言葉を知ると一見母の日に贈っても良いと思われがちですが、実は白色のカーネーションは亡くなった方に捧げるお花でもあります。

ご存命のお母さんに白色のカーネーションを贈るには、あまりふさわしくないかもしれませんね。

黄色

花言葉は「軽蔑」や「愛情の揺らぎ」

こちらは花言葉を知るだけで、母の日ギフトに最適ではないことが分かりますよね。

黄色のカーネーションは見た目だけ見ると「元気になれそう!」と思われますが、贈り物には向いていないです。

濃い赤色

一言に「赤色」と言っても、「ピンクに近い薄めの赤色」や「色鮮やかな赤色」、「黒に近い濃い赤色」と様々な色がありますよね。

その中でも「濃い赤色」の花言葉は「私の心に哀しみを」や「欲望」になります。

シックな色合いで素敵に見えるかもしれませんが、花言葉を知ると母の日ギフトには合わないですよね。

オレンジ色

花言葉は「純粋な愛」や「あなたを恋愛します」

花言葉を知っても母の日に贈っても良さそうと思うかもしれませんが、オレンジ色はどちらかというと「お母さんへのプレゼント」のではなく、「恋人に贈る」の方が合っています。

複数の色

現在品種改良などで、複数の色が混ざったカーネーションもありますよね。

複数の色のカーネーションの全体的な花言葉は「私はあなたの奴隷になる」、「愛の拒絶」です。

しかし、複数の色のカーネーションの場合は、ベースとなる色の花言葉を考えるということが出来ますので、ベースの色で判断してみてくださいね。

母の日に贈っても良いカーネーションの色とあまり良い意味ではないカーネーションの色を花言葉も交えてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

実際にお母さんの好きな色が「あまりふさわしくない色」だとしても、贈る際に「こんな花言葉があるみたいだけど、そんな意味ではなくて好きな色だと思ったからだからね。」と一言伝えてあげると、お母さんもより一層喜んでくれるかもしれませんね。

そもそもどうして母の日にカーネーションを贈るの?

1910年、アメリカのアンナ・ジャービスという一人の女性が「母の日」の発起人です。

自身の母親が当時南北戦争で負傷した兵士に献身的なケアを行い、敵の兵士も同じ人間が負傷しているという考えからケアを積極的にしていました。

そんなアンナの母親が亡くなった際、たくさんの方が集った追悼の時に「母が好きだった白いカーネーションを参加者に配ってまわった」ということで、母の日にはカーネーションを贈るという風習が出来ました。

アンナの母親に対する愛情と、アンナの母にたくさんの愛を貰った方々が広めていったという素敵な日が「母の日」になったと知ると、また母の日に対する想いやカーネーションに込めた想いが変わってきますよね。

まとめ

母の日定番のカーネーションも様々な色があって、花言葉も様々でしたね。

花言葉の意味も知った上で、気持ちのこもったお母さんへのプレゼントになればいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました