少しでも安く利用したい!高速道路の深夜割引の仕組みを解説!

生活

ゴールデンウィークやお盆、年末年始などは、帰省や旅行のハイシーズン。どの交通機関も混み合っていて、料金も高いですよね。

さらに荷物も持ち運ぶとなると、公共交通機関よりも断然便利なのは車です。

車で高速道路を使って移動しようとすると、日中はうんざりするほど渋滞しますが、深夜帯だったらそんなに混み合うこともなく、おまけに割引料金で移動できることもあるのでとてもおすすめです。

でもここで要注意なのが、「深夜割引できる区間」と「深夜割引できる時間帯」です。

「深夜だから割引だろう」と思って有料道路を利用したら適用されない区間だった、というケースは少なくありません。なんか損した気分になりますよね。

今回はそんなことのないよう高速道路の深夜割引についてご紹介します。連休で長距離の移動を予定している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

高速道路の深夜割引の仕組みや適用時間は実際にはどうなる?

高速道路の深夜割引を利用するなら、大前提としてETCが必要です。ETCを搭載していない車は対象にならないので注意してくださいね。

ETCを搭載して、深夜割引対象区間を対象時間に走行すると、なんと30%も割引になるんです。

30%って結構嬉しいですよね。車も比較的少ないので、あまり渋滞にはまらず進めて気持ちいいですよ。

「深夜」って何時から何時まで?対象時間について解説

対象となる時間帯は、0時から4時までです。このとき疑問に思うのは「0時より前に対象となる高速道路にのって、0時から4時の間に降りた場合」とか「0時から4時の間にのって4時以降に降りた場合」などにどうなるのかということですよね。

結論を述べると、対象は「0時から4時の間に対象区間の道路を走行している車」なので、どちらも適用になります。

乗った時間や降りた時間が0時から4時に入っていなくてもOKなんです。0時前にのって4時以降に降りてももちろん適用になりますから、長距離の移動も割引になって嬉しいですね。

ETC時間帯割引

出典:(ETC時間帯割引

高速道路、深夜割引になるのはどこ?対象区間をご紹介!

高速道路の深夜割引は、NEXCO東日本、NEXCO西日本、NEXCO中日本が管理する高速道路と、一部の有料道路が対象になっています。

都内でも適用にならない区間も存在しますから、利用する前にチェックしておいた方が無難です。

下記にNEXCO東日本、NEXCO西日本、NEXCO中日本それぞれの適用になる範囲の地図を載せておきます。合わせて対象外になる区間もご紹介しますので、お出かけ時の参考にしてください。

なお対象区間は変更になる場合もありますのでご注意ください。

NEXCO東日本

深夜割引[割引対象路線図]

NEXCO中日本

大都市部区間と地方部区間

NEXCO西日本

ETC時間帯割引

ETC時間帯割引

出典:(ETC時間帯割引

対象外となる区間:首都高速道路、京葉道路、第三京浜道路、横浜新道、横浜横須賀道路(以前は適用がありましたが、平成28年3月31日に終了しています)、神戸淡路鳴門道、第二阪奈道路、西瀬戸道、播但連絡道路、瀬戸中央道(第二神明道路は大型車、特大車のみ)

高速道路の深夜割引を実際に定番区間で使用するといくらになる?

高速道路の深夜割引、「30%割引になりますよ」って言われても金額的にどれくらいになるのか、なかなかイメージがわかないものですよね。

そこで連休によく利用されている定番区間で具体的な料金を計算してみました。なお、料金は普通車で計算しています。また料金が改訂になることもありますので、参考程度に読んでみてくださいね。

東北自動車を利用して、都内から那須インターまで高速道路を利用した場合

東北自動車道は帰省やレジャーでもよく利用されている高速道路で、特に埼玉県の蓮田サービスエリア近辺はかなり渋滞することでも有名です。

そんな東北自動車道を例にしてどれくらいお得になるのか見てみましょう。

東京インター→川口ジャンクション→那須インターと高速道路を利用したとします。

昼間に移動した場合、東京インターから川口ジャンクションまで首都高速道路を利用して1320円、川口ジャンクションから那須インターまで東北自動車道を利用して4100円なので合計5420円です。

これを深夜割引が適用できる時間帯に利用すると、東北自動車道の料金が2870円になるので、合計4190円になり1230円もお得になります。

ちなみに始点の川口ジャンクションから青森インターまで利用した場合は、14100円の高速料金が9870円と4230円もお得になるんです。これは嬉しいですよね。

(新)東名高速道路を利用して、都内から名古屋インターまで高速道路を利用した場合

東京と名古屋を結ぶ東名高速道路や新東名高速道路。一度は乗ったことあるんじゃないでしょうか。大変交通量の多い高速道路ですよね。

東京インターから名古屋インターまで高速道路を利用する場合、昼間なら7220円のところが深夜だと5050円です。

レジャーのハイシーズンはたまに深夜まで渋滞することもありますが、それでも日中よりは大分緩和されていますし、それで2170円安くなるならとても助かりますよね。

まとめ

高速道路や有料道路で移動するなら、できるだけ渋滞せず、かつお得に移動するために、深夜帯を狙うのはとてもおすすめですよ。

「NEXCO3社が管理する区間と一部の有料道路だけ」というとあんまり活用できないのかな、なんて不安に思ってしまいがちですが、かなり広範囲の高速道路をカバーしています。

自分が利用したい道路とNEXCOの管轄区間が合致しているかしっかりチェックして、ストレスフリーで帰省やレジャーを楽しんでくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました